講演者一覧

第三回京アロマカンファレンス(2018)

岩﨑陽子
(嵯峨美術大学准教授、Perfume Art Project 代表)
「香りのアートの可能性―高齢者の快適空間から学生異文化交流まで」
山下美紀
(日本アロマ蒸留協会理事)
「香りと食と健康と〜蒸留から見る香りの新たな活用法〜」
鳥居伸一郎
(日本アロマセラピー学会理事長)
「香りから眺める〝京のミリョク〟〝日本のチカラ〟」
山下恒彦
(多摩美術大学教授、プロダクションデザイナー)
「映像で香りを伝える秘訣はシズル感」

 

※各講演者のプロフィールは、名前のリンクをクリックして御覧ください。

 

<過去の講演内容>

第二回京アロマカンファレンス

バーグ文子
(ロンドン・スクール・オブ・アロマテラピー・ジャパン 校長)
「アロマテラピーの新しいアプローチ」
武田雅子
(大阪樟蔭女子大学 名誉教授)
「アメリカの女性詩人ディキンスンと香り」
鈴木まや
(関西学院大学応用心理科学研究センター 客員研究員)
「香りと心理学」
國枝健一
(株式会社rose universe 代表取締役)
「日本の和ばらで創るローズウォーター」
下堂薗元
(株式会社下堂薗代表取締役副社長)
「和のフレーバーティー開発と海外展開」
岡部周平
(立命館大学R-GIRO リサーチ・アシスタント)
善本哲夫
(立命館大学教授)
塩澤成弘
(立命館大学准教授)
「香りを活用した運動誘導システムの開発と社会実装」

 

第一回京アロマカンファレンス

塩田清二 医学博士 「日本の芳香療法とヘルスケア」
清水教永 医学博士 「健康医科学から見た香りの有用性について」
山田秀夫
(株式会社 山田松香木店 代表取締役)
善本哲夫
(立命館大学教授)
「江戸時代から京の地で香り文化を守って」
外池光雄 工学博士
(藍野大学教授)
(元(国研)産総研ライフエレクトロニクス研究ラボ副研究ラボ長)
「世界的に見る香りの可能性」
寺村香織
(株式会社ミュゼ 取締役)
「日本のアロマセラピストの“いま”と“これから”」
大谷慶仁
(株式会社アルチエ 代表取締役)
「中東最大の香り市場ドバイから見た、
日本の香り商品の可能性」